Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごあいさつあそび |木村 裕一

ごあいさつあそびごあいさつあそび
木村 裕一
偕成社 刊
発売日 1989-02
価格:¥714(税込)
発送可能時期:通常2日間以内に発送




5ヶ月の娘のお気に入り♪ 2006-08-11
一番始めに見せたとき、かわいくてはっきりした絵に目が釘付けになり、こんにちは!の動きで喜んだので、親の私がびっくりしてしまいました。

まずは黄色いピィちゃんを気に入り、表紙を見せただけでにこにこするようになりましたが、今はかいじゅうさんがお気に入りのようで、一番大受けするのはかいじゅうさんのページです。

読むときに「こんにちは!」の声を色々変えてあげると喜ぶみたいです。

娘が3ヶ月になった頃から、この本と、シリーズの「いないいないばぁあそび」を見せ始めていますが、5ヶ月の今も、一日一回は必ず一緒に遊んでいます。

0歳の赤ちゃんが喜んでくれる、とっても良い絵本です。


さらに詳しい情報はコチラ≫





ぎゅっ |ジェズ オールバラ

ぎゅっぎゅっ
ジェズ オールバラ
徳間書店 刊
発売日 2000-11
価格:¥1,470(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送




ぎゅっ、ぎゅっ 2006-08-05
この絵本は1歳10ヶ月の息子と私の心を掴んではなしません。



「○くんのママとぎゅっは?」と言うと

暑くて汗を流していても、慌ててハグしてくれます。

きゃぁ~可愛い~

妊婦→出産→子育て 頑張ってよかった!と本気で思えました。

ジョジョが悲しいときも分かるらしく、自分も

悲しい顔。ママが登場したら、顔をぱっと明るくします。

それから、私の膝へのってきます。

え~。こどもの行動が可愛すぎと思える、一冊です。

只今わが子の好きbPの絵本らしいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫





ぼくらのなまえはぐりとぐら―絵本「ぐりとぐら」のすべて。 |

ぼくらのなまえはぐりとぐら―絵本「ぐりとぐら」のすべて。ぼくらのなまえはぐりとぐら―絵本「ぐりとぐら」のすべて。

福音館書店 刊
発売日 2001-10
価格:¥1,785(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送


「ぐりとぐら」愛読者のための「公式副読本」。
「ぼくらのなまえはぐりとぐら このよでいちばんすきなのは…」
この詩を「こう歌っています」と読者から寄せられた楽譜を、116曲掲載(うち11曲は付録のCDに収録)。童謡「ぐりとぐら」日本各地バージョン一挙掲載、といった趣。そのほか著者へのインタビュー、Q&Aコーナー、あのフライパン・カステラなどの料理の作り方、人形、バッジ、衣装の作り方など、情報が満載だ。さらに、世界21か国語で訳されている「ぐりとぐら」が、それぞれどのようにリズミカルな語り口を再現しているのか、サワリの部分(英語、中国語、韓国語は全文)が紹介されており、CDで語感を楽しめる。
また、「ぐりとぐら」の魅力についての読みごたえのある作品評もある。長谷川摂子は体つきも心情も見分けのつかないぐりとぐらの「交換可能な意識のありよう」に、「心の中に自分を反映するもう一人の自分が芽生えて」くる3歳前後の子どもの心理を見、これは「この広い世界でひとり立っている自分をべつの誰かと相照らしあって確かめ合う、対等な人間関係の本来的なよろこび」の発見だとする。 また、ジュヌビエーブ・パット(フランス)は、「人生のこの時期、精一杯濃密な生を、肉体的なやり方で生き」ている子どもたちを、驚きと探求の物語に引き込むためのさまざまな効果的「しかけ」を「ぐりとぐら」の中に発見していく。
親、教育者、絵本愛好家、また絵本作家を志す人にも得るところが多い読み物。(翁 ゆり)

カステラレシピにがっかり 2006-07-13
娘のために買い求めたのが、ぐりとぐらとの出会いでした。

作者の方のインタビューや、折り紙でのぐりぐらの作り方など、

奥の深さを感じたり、違う側面から娘と楽しむ方法が見つかったりと、とても楽しい本でした。

でも、この本を求めた本当の理由は、カステラのレシピだったのですが、直火で焼くのではなく、オーブンを使用し、さらに、あの絵本に出てくるつくり方とは違うのです・・・。

かなりがっかりしました。

私は、あの絵本と寸分たがわないレシピを望んでいたのです。

(おさとうといっしょにあわだてきでかきまぜて、ぎゅうにゅうとこむぎこをいれました・・・)

それ以外は、ぐりぐらの歌も楽しめましたし、良い本だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫





しばわんこの和のこころ |川浦 良枝

しばわんこの和のこころしばわんこの和のこころ
川浦 良枝
白泉社 刊
発売日 2002-01
価格:¥1,470(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送


和のこころを持った柴犬しばわんこが、四季折々の「和」の暮らしを楽しく教えてくれる絵本。「何故かしら 和にひかれる 今日この頃で ございます」と言うしばわんこが、まず私たちに教えてくれるのは「和のおもてなし」。おもてなしの第一歩である掃除から始まり、お客様の迎え方、座ぶとんのすすめ方、お茶とお菓子のすすめ方などが紹介される。
説教くさくなりがちなテーマではあるものの、柴犬を主人公に“絵本”という形式で見せてくれるので、気楽に読むことができるに違いない。何より、その柔らかなイラストに穏やかな「和」の気持ちになる1冊である。「おもてなし」はもてなす側のこころも晴れ晴れとなっていくものだということを、しばわんこは身を持って教えてくれるのだ。
心穏やかに、四季の移ろいを感じながら生活をしてきた日本という国での暮らし方を、改めて見直してみたくなる、大人のための絵本である。(小山由絵)

ふむふむ・・・こころ 2006-09-08
わんわんに反応する娘たちにと思って購入しました。TVで『しばわんこ』が始まるや興奮する我が家のチビさんたち。このゆったりした、時間の流れが好きみたいです。親も一緒にゆったりと。季節のこと、日本のとっても美しい暮らし方、考え方。ものすごく興味深く感じました。この絵本、5歳の娘もお気に入り。読めない漢字をママに訊きながら鼻歌交じりに見ています。


さらに詳しい情報はコチラ≫





からすのパンやさん |加古 里子

からすのパンやさんからすのパンやさん
加古 里子
偕成社 刊
発売日 1973-09
価格:¥1,050(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送


カラスの町「いずみがもり」にある、1軒の売れないパン屋さん。お父さんお母さん、4羽の子ガラス、家族みんなで、楽しい形のパンをどっさり焼いた。パンを買いにやってきたカラスの子ども、おじいさん、おばあさん、そしてなぜか消防自動車、救急車、テレビのカメラマンまでやってきて森は大騒ぎに…。
思わず目を奪われる「たのしい おいしい パン」の見開きページには、80種類以上ものパンが描かれている。いちごパン、ゆきだるまパンなどなじみのある形のものもあれば、ヘリコプターパン、はぶらしパン、さざえパンなどなかなかパンにしないような形のものまで、こんがりと色づいて並んでいる。
集まってくるたくさんのカラスたちも、ひとりひとりが実に個性的。すましていたり、怒っていたり…おばあさんカラスにはしわもあるし、お嫁さんカラスだっている。パンのページを堪能したら、ぜひ「もう一度からすたちの表情をみて笑ってください」(著者「あとがき」より)。(門倉紫麻)

いろいろなからすといろいろなパンが楽しい絵本です。 2006-08-22
いずみがもりのからすのパンやさん、かわいいこどもたちが生まれました。

仕事と育児で大変なパンやさん、店が傾き、こりゃ大変!

でも、こどもたちが友達にパンを試食させたら大人気!

そしてこどもたちのユニークな案を取り入れます。いろんなパンができあがりました。

かえるパン、のこぎりパン、こっぷパン、おそなえパン、はさみパン、かびんパン…85種類も!

噂が噂を呼び、お客さんがどっと押し寄せます。おとうさんがらすはお客整理のために、いいことを考えつきます…。これでおおさわぎしていたからすたちも

きれいいにならびます。(どこの世界もシステムをしっかりすることが大切なのね…と感じます。)

「そんなこんなでいずみがもりのからすのパンやさんはからすのまちで、ひょうばんのりっぱなすばらしいおみせになりました。」

ということで食べ物がらみでもあり、またいろんなからす、いろんなパンが出てくるためかこれも人気の絵本です。


さらに詳しい情報はコチラ≫





Appendix

プロフィール

nezumi001

Author:nezumi001
子供に本当に見せておきたいと思う
絵本を沢山紹介していきます。
私自身、絵本がとても好きで
子供達と良く見ています。
皆さんのお子様へ良い絵本が届けば
良いと思い、このブログを始めました。
宜しくお願いします!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。