Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとまねこざる |H.A.レイ /光吉 夏弥

ひとまねこざるひとまねこざる
H.A.レイ /光吉 夏弥
岩波書店 刊
発売日 1998-02
価格:¥672(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送


十数ヶ国語に翻訳され世界中で親しまれているCurious Georgeシリーズの2作目。「ひとまねこざるときいろいぼうし」から7年の歳月を経て、1947年にアメリカで出版されたロングセラー。
さるのジョージはとっても知りたがり。ある日、動物園から抜け出したジョージは、バスの背に飛び乗って街中へとやってきた。レストランの店長さんに紹介されて、ビルのガラスふきの仕事をすることになるけれど、好奇心旺盛でいたずら好きなジョージには、窓の中が気になってたまらない。
レストランのスパゲッティーを体に巻きつけながら食べてしまったり、ペンキで部屋中にジャングルを書いてしまったり、病院ではエーテルを嗅いで倒れてしまったり。好奇心旺盛でいたずら好きなジョージの姿は、子どもそのものだ。さらに今回は、映画スターにもなるという活躍ぶり。親子そろって楽しめる1冊。(小山由絵)

「知りたがり屋」は、かくして「ひとまね」と呼ばれた。 2006-08-01
懐かしい!実に懐かしい!この表紙の黄色。この色こそがこの本の特徴です。この黄色を見たら要注意。もうそれからの数十分はこの絵本に夢中になる事請け合いです。可愛い青い帽子を被ったペンキ屋姿の「ひとまねこざる」。なんでもやってみたい!なんでも知りたい。「ねえ、ママどうして?どうしてこうなるの?どうして赤ちゃんはコウノトリが運んでくるの?ねえ、ママどっか連れてってよお~~~!!ねえ、ママあ~!」起きている間じゅう、こういう調子の子供達。なんてこのおさるの「じょーじ」にそっくりな事でしょう!



そして「じょーじ」は何をやっても楽しそう。失敗しても気にしない。全く悪びれない。怪我した時はさすがに痛そう?悲しそうでしたが、それでもすぐに元気になる。そしていつでもニコニコ笑っている。子供って本当にこうだから、大人は救われます。いろいろやらかしてはくれますが、でもまあいいか!って許してしまう。「じょーじ」は「ひとまね」。大人の真似が大好き。でも、大人みたいに上手に出来ない。だから可愛らしい。黄色い帽子のおじさんがとても紳士で大好きでした。



大人になっても全く色褪せない感動そして興奮が楽しめます。お子さんとふたりで、3人で、4人で?(この頃は3人お子さんがいるお宅って日本に少なくなりましたが・・)母親としての最高の幸せを味わって頂きたいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nezumi001

Author:nezumi001
子供に本当に見せておきたいと思う
絵本を沢山紹介していきます。
私自身、絵本がとても好きで
子供達と良く見ています。
皆さんのお子様へ良い絵本が届けば
良いと思い、このブログを始めました。
宜しくお願いします!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。