Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐりとぐらの絵本―全5冊セット |なかがわ りえこ /やまわき ゆりこ

ぐりとぐらの絵本―全5冊セットぐりとぐらの絵本―全5冊セット
なかがわ りえこ /やまわき ゆりこ
福音館書店 刊
発売日 1995-07
価格:¥4,080(税込)


青い帽子、青い服がぐり、赤い帽子、赤い服がぐら。40年近く愛されているだけでなく、世界各国で翻訳され、国を超えたファンを持つ2匹ののねずみ。全5冊、みんな大好きだけれど、やっぱり最初に夢中になるのは、森で見つけた大きな卵で大きなカステラを焼いて動物たちにごちそうする『ぐりとぐら』。 けちじゃないよ ぐりとぐら ごちそうするから まっていて。
カステラが焼けるにおいがプーンと鼻をくすぐり、心もふんわり膨らむシーンに、どれだけの子が満腹感を味わってきたことだろう。そして、残った殻で車を作るラストの楽しさも。
「夏の暑さも冬の寒さも、子どもに必要。それを乗り切る遊びが生まれ、遊びながら育っていく」
作者の中川李枝子が別の著作の中でそう書いているが、ぐりとぐらのシリーズがベストセラーであり続ける理由のひとつはここにあるのかもしれない。
雪の上に大きな穴を見つけ、跡を追う『ぐりとぐらのおきゃくさま』、うみぼうずに会い、泳ぎを教わる『ぐりとぐらのかいすいよく』、春の野原で毛糸をくるくるころがし、くまさんの家にたどりつく『ぐりとぐらのえんそく』、うさぎのくるりくらと雲に乗る『ぐりとぐらとくるりくら』。春夏秋冬、絵本の中で自然や動物と遊び、遊ぶほどにたくましく、賢くなっていく。そうした生き生きとした幸せな時間を、ぐりとぐらは、たっぷりとごちそうしてくれるのだ。(平山イソラ)

世代を越えて 2002-07-09
 昨年の10月、最愛の姪に始めての赤ちゃんが産まれました。
結婚して10年、待ちに待った宝物です。姪の幼い頃、してあげたように
この子にもとびきり良質の本を贈りたいと姪に希望を聞いたところ、
「私が小さい時に読んでもらった、ぐりとぐらの卵焼きの本がほしい」
とのこと。読んで貰った時、卵のやけるおいしそうなにおいや、ケーキ
の甘い香りを感じたことが今でもはっきり覚えているとか。
 この本は、今、26歳の私の長男も、大好きな本でした。
良いものは、世代を越えて引き継がれることを、しみじみとうれしく思っています。


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

nezumi001

Author:nezumi001
子供に本当に見せておきたいと思う
絵本を沢山紹介していきます。
私自身、絵本がとても好きで
子供達と良く見ています。
皆さんのお子様へ良い絵本が届けば
良いと思い、このブログを始めました。
宜しくお願いします!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。